この夏の壮大な実験

この夏予定されている壮大な実験が興味深い。この夏、最大の電力需要期を中部電力は原子力発電無しで、東京電力は17基中4基稼働で乗り切ることになった。

東京電力の配電範囲の需要はイタリア一国分に相当し、中部電力のそれはスエーデンに相当し、極めて大きい。二つ合わせるとイギリスに相当する。従って壮大な実験に成る。ヨーロパ各国の原子力発電の議論には貴重な情報と知見を与えるだろう。

もし、この夏をこの体制で乗り切ると、原子力発電所無しでもやっていける、という議論が力を得るだろう。無論LNGにしても炭酸ガス排泄の問題があり、コストも大きいい。石炭火力も効率と炭酸ガスの固定化などの課題がある。

実験が終わる、9月には、世界中の議論が今とは変化するのではないだろうか。

 

電力情報は統計局のHP

http://www.stat.go.jp/data/sekai/06.htm

 

 

 

俯瞰メルマガ申込

メモ: * は入力必須項目です

連携団体

日本国中に、エコで快適な街づくり
日本国中に、エコで快適な街づくり
自分をバージョンアップ
自分をバージョンアップ
産業政策はここで解る
産業政策はここで解る

 

 

協賛企業

 

 

支援ベンチャー

SNSの口コミをビジネスに活す。IPOしました
SNSの口コミをビジネスに活す。IPOしました
蔦屋で使っている2次元LAN技術
蔦屋で使っている2次元LAN技術
ネット上の人脈相関図
ネット上の人脈相関図
アイボの血を引くロボット
アイボの血を引くロボット
超大量超高速処理
超大量超高速処理
どんなバイオチップも製作できる!
どんなバイオチップも製作できる!